Photo: GETTY

ジャスティン・ティンバーレイクは飲酒運転で逮捕された時に「飲酒検知器を拒否した」と報じられている。

ジャスティン・ティンバーレイクは現地時間6月18日にニューヨーク州ロング・アイランドで飲酒運転のために逮捕されている。サフォーク郡地方検事局の発表によれば、ジャスティン・ティンバーレイクはロングアイランドの東端にあるサグハーバーで罪状認否を受けている。

今回、罪状認否を受けた後、ジャスティン・ティンバーレイクは保釈金なしで釈放され、「飲酒検知器を拒否した」ため、飲酒運転という「単一の罪状」で起訴されたのみとなっていると報じられている。

ジャスティン・ティンバーレイクの弁護士であるエド・バークは『アス・ウィークリー』誌に以下のような声明を発表している。「罪状は呼気検査を拒否したために単一の罪状となっています。ジャスティン・ティンバーレイクは他にも一時停止の標識無視と正しい車線を走行していなかったという2つの交通違反で起訴されています」

『ニューヨーク・ポスト』紙が入手した訴状によれば、ジャスティン・ティンバーレイクは「マティーニを1杯」飲んだだけだと主張しているとのことで、逮捕した匿名の警官は「若かったため、ジャスティン・ティンバーレイクのことを知らなかった」とも報じられている。

「彼の目は充血し、うつろで、呼気からは強いアルコール臭がし、注意力が散漫で、話すスピードが遅く、足取りがおぼつかなく、通常の飲酒検査の項目ですべてが当てはまることになった」

『TMZ』によれば、ジャスティン・ティンバーレイクは7月26日に法廷に戻ってくることになる。『TMZ』は逮捕現場近くにいた歌手の友人たちが警察に彼を釈放するよう懇願したが、警官は拒否したとも報じている。

ジャスティン・ティンバーレイクは6月21日・22日にシカゴのユナイテッド・センターで公演を行い、6月25日・26日にはニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンで公演を行う予定となっている。

一方、イン・シンクは今年3月に2013年以来となる公式なライヴ・パフォーマンスをロサンゼルスで行っている。

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ