Photo: GETTY

ニルヴァーナのクリス・ノヴォゼリックとデイヴ・グロール、スティーヴ・アルビニはニルヴァーナの成功はパンクのルーツと相反するものだという意見について言及している。

3人はコナン・オブライエンのポッドキャスト『コナン・ニーズ・ア・フレンド』に出演して、『イン・ユーテロ』の30周年について語り、そこでコナン・オブライエンはニルヴァーナの成功はDIYなパンクのバックグラウンドに反するものかと尋ねている。

プロデューサーのスティーヴ・アルビニは「パンクの文化圏外」の人々からこのような批判を受けてきたとして次のように語っている。「嫉妬の発露ではなく、パンク・シーンの人で純粋にその批判をしてきた人はいたことがないね。概してニルヴァーナのファンはニルヴァーナが成功し、自立し、愛されるようになることを望んでいたよね」

デイヴ・グロールはニルヴァーナの成功に対処するための自身の見解について語っている。「『ネヴァーマインド』を作る前は、かなりみすぼらしい生活を送っていた」として、デイヴ・グロールはカート・コバーンとシェアしていたアパートが「アメリカンドッグの棒」と「煙草」だらけの「ヘドが出そうな状況だった」と説明している。「音楽を作ることで自分のアパートを持てるんだったら何だってしたよ」

「物事の移り変わりは速かったけれど、次の日の郵便受けに突然100万ドルが入っていたわけじゃないからね」とデイヴ・グロールは冗談を飛ばしている。

デイヴ・グロールはニルヴァーナのお金で母親に家や車を買ったことに「葛藤」や「恥辱」を感じることはなかったと続けている。「自分が個人的に葛藤することがなかったのは、成功するために本当の自分たち以外のことは一切してこなかったのを分かっていたからだと思う」

先日、クリス・ノヴォゼリックは『NME』に対して残っているメンバーでの活動について次のように語っていた。「常にやりたいよ。カートが亡くなった後は『もう二度とあれらの曲は演奏しない』という時期もあった。自分の抱えた悲しみの一部だったんだ。やり過ぎはよくないけど、感謝の気持ちを忘れないように特別なものにしたいよね」

「機会があって、間違ってないと思えば、やることにするよ。それまではカートのことを忘れずに、自分のことをやるだけだね」

ニルヴァーナは『イン・ユーテロ』の30周年記念盤が10月27日にリリースされることが決定している。スーパー・デラックス・エディションには未発表音源53トラックを含む全72トラックが収録される。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ