GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはストーカーに対する一時的な接近禁止命令がまたもや下されたことが明らかになっている。

『TMZ』が入手した法定書類によれば、判事はレイモンド・ブラックという人物に対してビリー・アイリッシュの自宅から100ヤード以内に接近しないという判決を下している。

ビリー・アイリッシュは2月20日にリヴィング・ルームの外にレイモンド・ブラックが立っていたとのことで、「暴力やストーキングの恐れが高い」ことから判事は今回の判決を下している。

彼はその後、警察によって逮捕されている。

ビリー・アイリッシュ側は監視カメラにその日、レイモンド・ブラックが屋外で裸になってシャワーを使うことも映っていたと述べており、昨年工事中だった敷地の周りを「うろついていた」とも述べている。

ビリー・アイリッシュは今回の件について正式なコメントを発表していない。

先日、ケイティ・ペリーはビリー・アイリッシュのことを毛嫌いして、スターダムにのし上がる前のビリー・アイリッシュとコラボレーションする機会を断ってしまったことを明かしている。

ロサンゼルスのキスFMのイベントに出演したケイティ・ペリーはキャピトル・レコーズの傘下にあるアンサブのスタッフからビリー・アイリッシュのことを知らされ、コラボレーションする可能性を打診されたことについて振り返っている。

ケイティ・ペリーは次のように説明している。「レーベルの女性がある時にEメールを送ってきて、『この新人アーティストをチェックしてみて。彼女と一緒に仕事をしたほうがいいと思うんだけど……』って書いてあったんだけど、それが“Ocean Eyes”だった。ブロンドの女の子で、『へえ。退屈だわ』という感じだった」

「大きな間違いだった」とケイティ・ペリーは観客の笑いを誘っている。「大間違いよ。これをインターネットに流さないで」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ