GETTY

Photo: GETTY

クイーンのギタリストであるブライアン・メイは新たに公開された動画でジェフ・ベックの楽曲について「これまでレコーディングされたギター・ミュージックで最も美しいもの」と評している。

ジェフ・ベックは細菌性髄膜炎にかかった末に1月10日に亡くなっている。享年78歳だった。

訃報を受けてジミー・ペイジ、ミック・ジャガー、オジー・オズボーンらは追悼の意を表している。ジャック・ホワイトは2002年にロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールでザ・ホワイト・ストライプスとしてジェフ・ベックと共演した映像をインスタグラムで公開している。

今回、ブライアン・メイはジェフ・ベックに追悼の意を表する動画を投稿しており、ある曲について「これまでレコーディングされたギター・ミュージックで最も美しいもの」と語っている。

アルバム『ギター・ショップ』に収録された“Where Were You”についてブライアン・メイは次のように語っている。「感情やサウンド、フレーズの深み、琴線に触れるものを聴きたいなら、『ギター・ショップ』に収録の“Where Were You”を聴けばいい。『Where Were You Jeff Beck』とググって、腰を据えて、4分間耳を澄ますだけだ。信じられないはずだよ」

「ジミ・ヘンドリックスの“Little Wing”と並んで、これまでレコーディングされたギター・ミュージックで最も美しいものかもしれない。繊細で、美しく、すごくクリエイティヴで、他で聴けるものとはまるで違う。もちろん、彼だって影響を受けているだろうけど、真似されることのない驚くべき声をロック・ミュージックにもたらしたんだ」

「ジェフは完全に唯一無二で、定義することの不可能なミュージシャンだった。彼には間違いなく畏敬の念を抱いていたよ」

ブライアン・メイは“The Guv’nor”でジェフ・ベックと仕事をした時の思い出についても振り返っている。

「彼が僕のスタジオまで来てくれて、一緒に演奏したんだけど、僕らは笑っていたんだ。そうしたら、彼がすごいリフを弾いて、驚いたよ。彼が部屋にいる時はギターを持てなかった。あまりにすごくて、観て、聴いていたかったんだよね。それで、彼は曲を弾き終えたら、『まあ、好きにしてくれ』という感じだったんだ」

「ジェフ・ベックはユニークで、人生で会った中でもどのギタリストにも影響を与えていた。彼を失ったことは計り知れないよ。この世界にもう彼がいないことが本当に悲しい。まだ頭では受け止められないんだ」

訃報の声明には次のように記されている。「家族に変わって、深い心からの悲しみと共にジェフ・ベックの訃報をお伝えします。突如、細菌性髄膜炎を患った後、彼は昨日穏やかに亡くなりました。家族は途方もない喪失を抱える中でプライバシーへの配慮を求めています」

2009年に二度目となるロックの殿堂入りを果たした際に元々ザ・ヤードバーズに推薦したジミー・ペイジは紹介役を務めて、ジェフ・ベックについて次のように語っている。「ジェフを聴いていると、『彼は本当に素晴らしくなった』と思うのですが、その数年後に彼を聴いてみると、もっとよくなり続けているのです。そして、彼は今なおその途上にあります」

「彼の前では私たちは彼のことを不思議に思い、尊敬の念を抱く一介の人間になってしまいます。ジェフのギター・スタイルはよく教えられるものとはまったく違って、彼はエレクトリック・ギターを拡張して、これまで聴いたことのないサウンドやテクニックを有するものへと発展させてきました。それは驚くべき功績です」

ジミー・ペイジは次のように締めくくっている。「彼はロックンロールで多くのことを成し遂げてきましたし、それは今後も続いていくでしょう」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ