GETTY

Photo: GETTY

マドンナは1973年の「ロー対ウェイド」事件における判例が覆されたことを受けて「深い絶望」に陥ったと見解を述べている。

先週、アメリカの最高裁は「ロー対ウェイド」事件における中絶の判例を覆す判決を出している。これにより1973年以来となる形で人工中絶は米連邦での権利とは認められず、各州が中絶を禁止したり制限したりすることが可能となる。

現地時間6月26日にマドンナはインスタグラムでこの判決への失望を表明している。彼女は自分の娘やアメリカの全女性のことを考えると怖いと述べている。

「ロー対ウェイド事件の判例が覆されるという恐ろしいニュースで目を覚ましました。女性は自分の身体への権利を持たないということが法制化されたのです」とマドンナはニューヨークのターミナル5でプライド月間を祝う写真と共に投稿している。「この判決は私やこの国のあらゆる女性たちを深い絶望へと追いやることになりました」

「今回、最高裁は女性の権利は憲法上の権利ではないという判決を下しました。実のところ、私たちは銃ほどの権利もないのです」と彼女は続けている。「娘のことを考えると怖いです。アメリカの全女性のことを考えると怖いです。ただただ怖いのです」

「神はこの苦役に耐えられる強さがあると知っていたからこそ、私たちの肩にそれを背負わせたのだと思います。闘う強さであり、打ち勝つ強さです。必ずや勝つのです。中絶の権利を守る連邦法を成立させる方法を見つけるのです」

マドンナは次のように締めくくっている。「女性たちよ、準備はできていますか? 闘うのです」

エンタテインメント業界からはテイラー・スウィフト、パール・ジャム、チャーリーXCX、マギー・ロジャース、グリーン・デイ、フィニアス、ヤングブラッド、アリシア・キーズらが最高裁の判決に抗議する声を上げている。

今回の最高裁の判断を受けて、リゾはライヴ・ネイションと協力して、今後のツアーの利益から100万ドル(約1億3000万円)をプランド・ペアレントフッドやアボーション・ライツに寄付することを発表している。また、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングはロンドン公演で「アメリカ国籍を放棄する」と語っている。

ビリー・アイリッシュはグラストンベリー・フェスティバルのステージで“Your Power”を披露する時に次のように語っている。「これは権力という概念とそれを乱用してはいけないことを忘れないことについての曲です。今日はアメリカの女性にとって暗い日になりました」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ