GETTY

Photo: GETTY

フィービー・ブリジャーズはニュージャージー州の公演で地元のブルース・スプリングスティーンが1980年に発表した“Stolen Car”をカヴァーしている。

フィービー・ブリジャーズは6月13日にアズベリー・パークに設置されたサマー・ステージで行った公演でカヴァーを披露している。彼女が“Stolen Car”をカヴァーするのは初めてだが、ブルース・スプリングスティーンのカヴァーを披露するのは初めてではなく、2018年にアズベリー・パークで行った公演では“I’m On Fire”を披露している。フィービー・ブリジャーズは“I’m On Fire”を初めて2013年にカヴァーしている。

観客が撮影した“Stolen Car”のカヴァーはこちらから。

“Stolen Car”は1980年にリリースされたアルバム『ザ・リバー』に収録されている。同曲はシングルとしてリリースされることはなかったが、アルバムで人気のある曲の一つとなっていて、複数のカヴァーがリリースされている。

フィービー・ブリジャーズはサリー・ルーニー原作でHuluで配信されるドラマ『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』に提供した“Sidelines”をリリースしている。この曲はプレス・リリースによれば、今年リリースされる唯一のオリジナル曲とされている。

ブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドは2023年にワールド・ツアーを行うことを発表している。一方、コールドプレイはニュージャージー州で行った公演でブルース・スプリングスティーンをステージに迎えている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ