GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはロビー・ウィリアムスのヒット曲“Angels”について「まさにオアシス」だと述べている。

「テイク・ザットの太ったダンサー」とロビー・ウィリアムスを評していたノエル・ギャラガーはマット・モーガンによるポッドキャストで“Angels”について語っている。

「あれを聴いた時、『俺が書いていたらな』と思ったんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。「“Angels”はまさにオアシスだよね。あそこにエレクトリック・ギターを足したら、まさにそうなるよ」

ギャラガー兄弟とロビー・ウィリアムスは長年にわたって口論を繰り広げており、90年代中盤に始まった口論はロビー・ウィリアムスがリアム・ギャラガーにボクシング・マッチを申し込むまでに達している。後にロビー・ウィリアムスはギャラガー兄弟との言葉の応酬で落ち込んだと語っている。

「同世代の仲間と較べて、エンタテインメント界、ポップ・ミュージック界における自分のブランドは価値あるものと見なされていなかったし、今でもそうだよね」とロビー・ウィリアムスは2021年のインタヴューで語っている。「同じ雑誌を読んで、同じテレビ番組を見てたし、自分たちの世代が見出した同じ系統でありたいと思っていたけど、自分のしてきたことや自分の出してきたもの、自分の作ってきたもののために、価値がないと見なされてきたんだ」

これまで傷ついた言葉についてロビー・ウィリアムスは次のように語っている。「音楽界だとリアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーだよね。リアムとノエルだけじゃないけど、リアムは首と吊るべきだと言っていたし、よく知られているけど、ノエルはテイク・ザットの太ったダンサーと言ったんだ」

しかし、2020年のインタヴューでロビー・ウィリアムスはリアム・ギャラガーと和解したことを受けて「新たにムカつく奴を探さなきゃいけない」とも冗談を飛ばしている。

リアム・ギャラガーはロビー・ウィリアムスが父親がパーキンソン病であることを明かしたことを受けて「愛と光が家族にもたらされますように」とメッセージを送っていた。

「リアムとの長年の確執は終わったんだ」とロビー・ウィリアムスは『デイリー・メール』紙に語っている。「今はものすごくリスペクトしているし、昔通りにファンに戻ったんだ」

確執を過去のものにしたことについてロビー・ウィリアムスは次のように続けている。「よかったよね。気に入っているよ。でも、今度は新たにムカつく奴を探さなきゃいけないな。埋めなきゃいけないスペースがすごくあるからね」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ