PRESS

Photo: PRESS

ウィーザーは四季のEP第一弾となる『SZNZ:スプリング』がリリースされている。

昨年、ウィーザーは2022年に一連の4枚の作品をリリースする計画を明かしており、プロジェクトは『シーズンズ』と題されており、春分の日にリリースされている。

EPのストリーミングはこちらから。

ツイッターでウィーザーは次のように説明している。「今年は魔法、異教徒の神話、宗教的儀式、ヴィヴァルディの四季、シェイクスピアに影響を受けた4枚のEPをリリースするよ。それぞれがあなたの魅惑的な旅に連れて行ってくれるでしょう」

「春は陽気な感じなんだ」とリヴァース・クオモはEP『SZNZ:スプリング』について述べている。「そして、ダンス・ロックへと移り変わり、秋はストロークスのようなスタイルな作品なんだ」そして、「エリオット・スミスのスタイル」である「悲しいアコースティック」な作品は冬にリリースされるという。

先日、ウィーザーは2月15日に結成30周年を迎えて長文を投稿しており、「30年が経ったけれど、物語の終わりからは程遠いんだ」と述べている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ