GETTY

Photo: GETTY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであるジョン・フルシアンテは2009年に脱退した時の状況を振り返って、当時は「オカルトにのめり込んでいた」ことを明かしている。

1980年代後半から加入と脱退を繰り返してきたジョン・フルシアンテが最後に参加したアルバムは2006年発表の『ステイディアム・アーケイディアム』だった。ツアーのサポート・メンバーだったジョシュ・クリングホッファーが2009年にジョン・フルシアンテに代わって加入し、2011年発表の『アイム・ウィズ・ユー』、2016年発表の『ザ・ゲッタウェイ』に参加している。

ジョン・フルシアンテは来たる新作『アンリミテッド・ラヴ』で復帰を果たしており、『クラシック・ロック・マガジン』誌で2009年に脱退した理由を語っている。

「ツアーをしていた最後の数年間は精神的にバランスを崩していたんだ」とジョン・フルシアンテは語っている。「ツアーが続くにつれて、オカルトにのめり込んでいったんだ。それがツアー生活での考え方から逃れる方法になっていったんだよ」

先日、『NME』の独占インタヴューでガス・ヴァン・サントによる撮影を行ったバンドはニュー・アルバムとジョン・フルシアンテの復帰が「お互いをいい方向に持っていくものだった」と語っていた。

「最大の出来事はもちろん、ジョンがバンドに復帰することだった。自分たちの人生において最も記念碑的な変化だった。それで、何だってありだということになったんだ」とアンソニー・キーディスは『NME』に語っている。

「ゆっくりと始めたんだけど、決定的な本物の衝動というのがなかったんだ。蛇行しているに過ぎなかったんだよね」とアンソニー・キーディスは語っている。「フリーも俺もそれぞれ自分の内側に共通する感覚があったんだ。『このプロセスにジョンが加わってくれたら素晴らしいだろうな』ってね。長くかかったけど、彼は自分自身のサークルを経て、俺たちのサークルに戻ってくることになったんだ」

ジョン・フルシアンテは再加入について次のように語っている。「フリーがそのアイディアを思いついたんだ。ギターを手にして腰を下ろしてみたんだけど、長いことロックの曲を書いていないと思ってね。自分にまだできるのかなと思ったよ」

ジョン・フルシアンテが再加入して、ジョシュ・クリングホッファーが脱退することについてフリーは「大きな変化だった」と評している。「ジョシュは10年間一緒にやってきたからね。感情的に難しかったよね。彼は素晴らしいミュージシャンというだけでなく、思慮深く献身的なチーム・プレイヤーで、集団のことを考え、やさしく知的な人物だったからね」

「でも、アーティスティックな面で同じ音楽的言語で話すという点ではジョンとはやりやすいんだ。部屋に入って演奏し始めたら、それを展開させていくんだ。エキサイティングだったよ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ