GETTY

Photo: GETTY

マリリン・マンソンはエヴァン・レイチェル・ウッドを名誉毀損で訴えている。

『デッドライン』の第一報によれば、訴訟はマリリン・マンソンの弁護士であるハワード・E・キングによって申し立てられたとのことで、マリリン・マンソンはエヴァン・レイチェル・ウッドを名誉毀損とFBI捜査官詐称で訴えており、陪審員裁判を求めている。

マリリン・マンソンはエヴァン・レイチェル・ウッドの断続的な交際相手と説明されているイルマ・ゴアも被告としている。

昨年、エヴァン・レイチェル・ウッドはマリリン・マンソンを公に告発しており、懐柔されて10代の時に「何年も恐ろしい虐待」を受けてきたと述べている。

『ゲーム・オブ・スローンズ』への出演で知られるエスメ・ビアンコも虐待を告発しており、斧を持って彼の家で追い回されたと述べている。モデルのアシュリー・モーガン・スミスラインは性的虐待、性的暴行、非合法の監禁などの罪で訴えている。

マリリン・マンソンはエヴァン・レイチェル・ウッドや他の女性からの告発を否定しており、「皮肉にも嘘で#MeTooのムーヴメントを現金化して搾取しようとしている」として「組織的攻撃」だと述べている。

今回の訴状にはエヴァン・レイチェル・ウッドとイルマ・ゴアが「原告のマリリン・マンソンことブライアン・ワーナーを公の場でレイプ犯や虐待犯にして、陰謀を推し進めるために間違った違法行為を行い、ブライアン・ワーナーの音楽やテレビ、映画での成功を収めたキャリアをふいにする悪質な嘘がありました」と記されている。

訴状にはエヴァン・レイチェル・ウッドとイルマ・ゴアが「レイプと虐待を告発する人物が同時期に現れるように告発者の候補を募集して共謀して圧力をかけた」とも記されている。

「彼女たちは告発者の候補にチェックリストと脚本を用意し、そこにはブライアン・ワーナーに対して告発する虐待の詳細が書かれていました」

訴状ではエヴァン・レイチェル・ウッドらが「ブライアン・ワーナーに対して犯罪捜査が行われており、虐待の被害者や家族に危険が及ぶ可能性があるという嘘の情報を作り出すために」FBI捜査官を詐称したとも記されている。

マリリン・マンソンの弁護士は『ピッチフォーク』に対して次のように述べている。「この詳細な訴状はブライアン・ワーナーに対する悪質で不当な攻撃の一連を止めるためのものです。エヴァン・レイチェル・ウッドはマリリン・マンソンとの長い交際が終わった後、数年が経ってから、自身のガールフレンドであるイルマ・ゴアと共に複数の女性を集めて、虚偽の告発をするように説得したのです。エヴァン・レイチェル・ウッドとイルマ・ゴアが台本を書いたのです」

『NME』はエヴァン・レイチェル・ウッドの担当者にコメントを求めている。

エヴァン・レイチェル・ウッドはマリリン・マンソンを告発した件について語るドキュメンタリー作品『フェニックス・ライジング(原題)』がサンダンス映画祭で初上映されており、3月15日にHBOで放送されることが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ