PRESS

Photo: PRESS

ミューズは4年ぶりとなるニュー・シングル“Won’t Stand Down”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

ティンマス出身のミューズのマシュー・ベラミーはクリスマスの時期に自身の車で新曲“Won’t Stand Down”をかける動画を投稿して、新曲をリリースすることを予告していた。

“Won’t Stand Down”のミュージック・ビデオはこちらから。

ミューズのマシュー・ベラミーは“Won’t Stand Down”について次のように語っている。「“Won’t Stand Down”は遊び場であろうと、職場であろうと、どこであろうと、いじめに対して一歩も引かないことについて歌っている。それは強制や反社会的行動的な操作から自分を守って、強さ、自身、攻撃性をもって逆境に立ち向かうことだ」

“Won’t Stand Down”のミュージック・ビデオはジャレッド・ホーガンが監督を務め、ウクライナのキエフで撮影されている。

昨年、ミューズはセカンド・アルバム『オリジン・オブ・シンメトリー』の20周年を記念してリミックス作をリリースしているほか、マシュー・ベラミーはレコード・ストア・デイにソロ曲を集めた『クライオスリープ』をリリースしている。

2020年5月にマシュー・ベラミーは『NME』に次回作について次のように語っていた。「すべてをリセットして、元々の場所に戻るというアイディアは気に入っているんだ」

「物理的に故郷に帰って、出発点でやっていたように戻ってみるっていうね。渡航制限次第だけど、来年はアルバムを作るためにスタジオに入って、その後、ツアーを行うことになりそうなんだ」

「2020年は僕らにとってスタジオでの作業からもツアーからも完全に休んだ年となっていて、これってこれまでの20年間でミューズがやったことのなかったことなんだよ」

ミューズの新作についてはリリース日やトラックリストなどは明らかになっていないものの、ミューズは今年のワイト島フェスティバルとベルリンで開催のテンペルホーフ・サウンズにヘッドライナーとして出演することが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ