Apple Music

Photo: Apple Music

アデルは最新作『30』がアメリカで1年以上ぶりに100万枚を突破したアルバムとなっている。

11月19日にリリースされた待望のアルバム『30』はアメリカでもイギリスでもアルバム・チャートで初登場1位を獲得しており、イギリスでは26万1000枚で今年最多の初週セールスを記録している。

米『ビルボード』誌によれば、『30』は従来のアルバム・セールスで100万枚を突破したことがMRCデータによって明らかになっている。『30』は初週で692000枚、12月2日までの2週目で225000枚のセールスを売り上げており、12月6日の時点で100万枚を突破している。

これはテイラー・スウィフトの『フォークロア』が昨年10月に100万枚を売り上げて以来の100万枚突破となっている。2020年に100万枚を突破したのは『フォークロア』だけで、2019年に100万枚を突破したのもテイラー・スウィフトの『ラヴァー』だけとなっている。

オフィシャル・チャート・カンパニーによれば、この初週セールスは2017年のエド・シーランの『÷(ディバイド)』以来の好記録となっており、女性ソロ・アーティストのアルバムとしては2015年のアデルの『25』以来の好記録となっている。

『30』はアナログ盤が16,700枚のセールスを記録しており、ストリーミングでは12曲で5570万回の再生回数を記録している。

アデルはラスベガスで12週にわたる連続公演を行うことが決定している。

アデルは2022年1月21日から4月16日までシーザーズ・パレスで毎週末に2公演を行う予定となっている。公演名は「ウィークエンズ・ウィズ・アデル」というもので、今夏にはハイド・パークで2公演を行うことが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ