GETTY

Photo: GETTY

マリリン・マンソンは性的・肉体的虐待についての複数の告発を受けて当局によって自宅が捜索されたと報じられている。

『TMZ』はロサンゼルス郡保安官事務所の性犯罪特捜班の刑事が11月29日に捜索令状が出たのを受けてマリリン・マンソンのウェスト・ハリウッドの自宅を捜索したと報じている。本名をブライアン・ワーナーというマリリン・マンソンは当時、自宅にはいなかったという。

『TMZ』はハード・ドライヴなどのデータ記録装置が押収されたと述べている。ロサンゼルス郡保安官代理のエヴァ・ヒメネスはAP通信にマリリン・マンソンの自宅への捜索令状が出たと語っているものの、それ以上の詳細は明らかにされていない。

マリリン・マンソンは複数の女性から性的・肉体的虐待についての告発を受けている。今年2月、元パートナーのエヴァン・レイチェル・ウッドは告発を行っており、マリリン・マンソンは性的虐待について現在4件の訴訟を抱えている。その後、ロサンゼルス郡保安官事務所は捜査を立ち上げている。

4月には『ゲーム・オブ・スローンズ』への出演で知られるエスメ・ビアンコも虐待を告発しており、斧を持って彼の家で追い回されたと述べている。モデルのアシュリー・モーガン・スミスラインは性的虐待、性的暴行、非合法の監禁などの罪で訴えている。

マリリン・マンソンは告発を否定しており、「皮肉にも嘘で#MeTooのムーヴメントを現金化して搾取しようとしている」として「組織的攻撃」だと述べている。

7月に提出した書類でマリリン・マンソンは女性たちについて「捏造された虐待の証言」でもってマリリン・マンソンのステージ上のペルソナと「積極的に混同しようとする」「共謀者」だと述べている。

マリリン・マンソンはウェスト・ハリウッドのマンションに防音を施した部屋があり、「バッド・ガールズ・ルーム」と呼ばれていたことも報じられている。防音を施した部屋があるのが今回捜索された自宅なのかは明らかになっていない。

性的虐待などの罪でマリリン・マンソンを訴えている元アシスタントのアシュリー・ウォルターズはこの部屋について話す時、マリリン・マンソンは「常に自慢めいた冗談っぽいトーン」だったと述べている。別の元アシスタントは自身が働いていた8年間で「バッド・ガールズ・ルーム」に女性が閉じ込められているのを見たことはないと否定しつつも、「みんながそう言っているのは周知の事実だった」と述べている。

今月、マリリン・マンソンの弁護士は匿名の元交際相手から訴えられている裁判について和解交渉に応じる可能性があることを明らかにしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ