NBC/YouTube

Photo: NBC/YouTube

ドライ・クリーニングは『ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン』で“Scratchcard Lanyard”を披露して、アメリカのテレビ初出演を果たしている。

“Scratchcard Lanyard”はドライ・クリーニングのデビュー・アルバム『ニュー・ロング・レッグ』に収録されている。

テレビ出演は初のアメリカ・ツアーの最後に実現している。初のアメリカ・ツアーは11月10日のロサンゼルス公演から始まり、ツアーは11月20日のブルックリン公演で締めくくられている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

ドライ・クリーニングはデビュー・アルバム『ニュー・ロング・レッグ』のリリース後となる今年7月に両A面シングル“Bug Eggs”と“Tony Speaks!”をリリースしている。

「“Bug Eggs”は年齢、弱さ、性欲から来る自信についての曲なの」とヴォーカリストのフローレンス・ショウは語っている。「“Tony Speaks!”の歌詞は2019年12月の国政選挙で保守党が勝利した後の数日で書かれた。気候変動や環境的カタストロフィ、選挙運動について考えていたの」

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ