GETTY

Photo: GETTY

マドンナはマリリン・モンローの死と最後の写真撮影を示唆する写真を撮影したことで批判を受けている。

マドンナはマリリン・モンローが亡くなる6週間前に撮影されたバート・スターンによる『ザ・ラスト・シッティング』に似たポーズで撮影を行っている。マドンナは『V』誌の撮影でマリリン・モンロー風のブロンドの巻き髪で処方薬の横でホテルのベッドに横たわる写真を撮影している。

マリリン・モンローは処方薬のオーヴァードーズで36歳で亡くなっている。彼女は1962年8月4日の朝に自宅のベッドルームで発見されている。

今回、マドンナはマリリン・モンローの最期を彷彿とさせる写真を撮影したことについて『V』誌と共に批判を受けている。ある人物は次のようにツイートしている。「気味の悪い恐ろしい理由でマドンナはマリリン・モンローの亡くなったベッドを再現することにした。モノクロの写真がマリリン・モンローが亡くなったベッドルームの写真だよ」

別の人物はマドンナが「いまだに関心を求めている」ことが「悲しいこと極まりない」として、「あまりにひどすぎる」とツイートしている。

しかし、擁護している人物もいて、ある人物は「マドンナはずっとマリリン・モンローのようなアイコンであり続けるだろう。自分はそうだと思うよ」と述べている。

フォトグラファーのスティーヴン・クラインはマリリン・モンロー自身というよりはマリリン・モンローのカメラに感情を表出する天性の才能を捉えようとしていたと説明している。

「その写真をそのまま再現することに興味はなく、より重要だったのは写真家と被写体の関係を掘り下げることでした。友人関係やアーティスティックなプロセスの両方の意味で、アートは人生のイミテーションとなることについてのものでした」

「マドンナに写真を送ると、彼女はマリリン・モンローが当時抱えていた輝かしい弱さに魅了されました。そして、私たちはホテルのスウィートを探して、スターとカメラの関係性、謎、クリエイティヴなコラボレーションの魔法を追求することにしたのです」

マドンナはマリリン・モンローに憧れていたことで知られ、1984年発表の“Material Girl”のミュージック・ビデオは1953年公開の映画『紳士は金髪がお好き』のマリリン・モンローによる“Diamonds Are A Girl’s Best Friend”のパフォーマンスに影響を受けたものとなっている。

先日、マドンナは現在制作中の伝記映画の進捗について新たな情報を明かしている。

マドンナは本作の共同脚本と共同監督を務めることが明らかになっており、「映像による自伝」だと評している。

「『マダムX』の成功、私の脚本がほぼ完成したこと、私のかわいい子どもたちへの応援に感謝します」と彼女は述べている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

ビッコレ
ビッコレ
関連タグ