GETTY

Photo: GETTY

フランツ・フェルディナンドはドラマーのポール・トムソンが脱退したことを発表している。

フランツ・フェルディナンドはソーシャル・メディアで脱退を発表しており、次のように述べている。「みなさん、こんにちは。ポールがバンドを去ることになりました。それを知った時は私たちも少しショックでしたが、おそらくみなさんにもそうした方がいらっしゃると思います」

ポール・トムソンは2002年のフランツ・フェルディナンド結成時に加入しており、バンドメンバーとは25年以上の友人関係にある。「これまでの冒険と体験を共有できたことを嬉しく思いますし、彼が次に始めることを聞くのを楽しみにしています」

後任は先月フランスで行われたバルマンのファッション・ショーで初めて参加したオードリー・テートが務める。

「ポールと長い間演奏してきた中でフランツ・フェルディナンドのドラム・キットに誰でも座れるわけではないのは明らかなことでした。なので、世界でも最高のドラマーの1人が参加してくれることを喜んでいます」

「彼女と演奏するのは自然で、彼女は素晴らしい陽気な人物です。一緒にスタジオに入ったのは衝撃的なことで、みなさんにライヴを披露するのが待ちきれません。これは窓のないリハーサル室でポールが彼女にスティックを譲った写真です」

ポール・トムソンはフランツ・フェルディナンドに20年近く在籍したことを「夢のようだった」と述べている。「みなさんがアルバムを買ってくれたこと、コンサートに来てくれたこと、いろんな体験を共有してくれたことに感謝します。忘れることはないでしょう」

彼は次のように締めくくっている。「フランツ・フェルディナンドはこれからもずっと家族であり、自分にとって大きなものです。言葉も笑顔も今となってはやわらかいものになっています」

フランツ・フェルディナンドの最新作は2018年発表の通算5作目となる『オールウェイズ・アセンディング』となっている。

フランツ・フェルディナンドのベーシストであるボブ・ハーディーはツアー生活の裏側を撮影した写真展を開催することも発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ