YouTube

Photo: YouTube

ビッグ・レッド・マシーンはアメリカのテレビ番組『トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン』で“The Ghost Of Cincinnati”を披露している。

“The Ghost Of Cincinnati”は8月末にリリースされたビッグ・レッド・マシーンのセカンド・アルバム『ハウ・ロング・ドゥ・ユー・シンク・イッツ・ゴナ・ラスト?』に収録されている。

パフォーマンス映像はこちらから。

ビッグ・レッド・マシーンのアーロン・デスナーは兄弟のブライス・デスナーと共に『スラノ』のサウンドトラックを手掛けていることを明かしている。

12月31日に全米公開される『スラノ』のサウンドトラックは12月10日にリリースされる。

アーロン・デスナーは映画音楽の制作について次のように語っている。「たくさんコントロールしなきゃいけないことがあったけど、そうした作業の一部を深堀りするのが楽しかったよ」

ブライス・デスナーは次のように語っている。「ある意味、ザ・ナショナルの曲になっているところもあるけど、継ぎ目なく物語に入っていったり出ていったりする内的な距離の近い感覚があるんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ