YouTube

Photo: YouTube

リンプ・ビズキットはかねてから予告してきた新曲“Dad Vibes”を正式にリリースしている。

リンプ・ビズキットは今年7月にロラパルーザに出演した際、“Dad Vibes”をかけて観客に聴かせていた。

リンプ・ビズキットのフロントマンであるフレッド・ダーストはロラパルーザですっかり見違えた新たなルックスも公の場で初めて披露している。

“Dad Vibes”のリリック・ビデオはこちらから。

リンプ・ビズキットは先日ニュー・アルバムについて新曲が「次々とすぐに」リリースされると述べている。

リンプ・ビズキットは2011年発表の『ゴールド・コブラ』以来となるアルバム『スタンピード・オブ・ザ・ディスコ・エレファンツ』に取り組んでいることで知られている。

今年6月、ウェス・ボーランドは新作の度重なる遅れはフロントマンのフレッド・ダーストがヴォーカルに満足しないからと語っている。「もうここ10年くらいにわたってスタジオでアルバムを完成させようとしてきたんだけど、言わせてもらうと、7度も違うスタジオでやっていたんだ」

「多分35曲のレコーディングしたインストゥルメンタル・トラックがあるよ。それにヴォーカルを入れたけど、彼はそのヴォーカルを捨ててしまったんだ」

先日、リンプ・ビズキットはロラパルーザの出演後に残りのツアー日程をキャンセルしている。「リミテッド・ラスト・ミニット・ポスト・パンデミック・ポップアップ・パーティー・エディション」と題されたバンドの最新ツアーは新型コロナウイルスによる「バンドとクルー、そして何よりもファンの安全を十分に考慮して」キャンセルされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ