Emily Birds

Photo: Emily Birds

コンヴァージはチェルシー・ウルフ、マルチ・インストゥルメンタリストのベン・チズム、ケイヴ・インのフロントマンであるスティーヴン・ブロッズキーとのコラボレーションによる通算10作目のアルバム『ブラッドムーン:I』をリリースすることを発表している。

アルバムのリリース発表に合わせて、不気味かつ荒涼とした静けさと直感的な激しいメタルコアを行き来する8分間のリード・シングル“Blood Moon”が公開されている。

エミリー・バーズが監督した“Blood Moon”のミュージック・ビデオはこちらから。

「典型的な4人組のコンヴァージの音楽よりも、もっと壮大なものを作りたかった」とフロントマンのジェイコブ・バノンは語っている。「このアルバムでは自分たちのダイナミクスが違った方向で押し引きしているんだ。それが自分たちとしてはクリエイティヴ面での収穫だったね」

今回のコラボレーションは2016年にオランダで開催されたロードバーン・フェスティバルで、7人組がブラッド・ムーンという名前でコンヴァージの楽曲を演奏したことから始まっている。プレス・リリースには「そのエネルギーと熱狂的に受け止められた姿に触発されて、グループは一緒に音楽を作りたいと思った」と記されている。

2019年末、マサチューセッツ州セーレムにあるコンヴァージのギタリスト、カート・バルーのゴッド・シティ・スタジオで、一緒に新曲の制作を始めたという。セッションは2020年に予定されていたが、パンデミックの影響で一部はリモートで制作することになっている。

『ブラッドムーン:I』はエピタフより11月19日にリリースされる。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

Blood Moon
Viscera of Men
Coil
Flower Moon
Tongues Playing Dead
Lord of Liars
Failure Forever
Scorpion’s Sting
Daimon
Crimson Stone
Blood Dawn

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ