GETTY

Photo: GETTY

ジョン・ライドンは新たなインタヴューでセックス・ピストルズの功績について振り返っている。

先日、ジョン・ライドンはダニー・ボイルが手掛ける伝記映像作品『ピストル』でのセックス・ピストルズの音楽使用を拒否して訴えられていた。

スティーヴ・ジョーンズとポール・クックの弁護士であるエドマンド・カレンは1998年に交わしたバンドメンバーによる合意で、音楽使用に対する話し合いは「多数決」で決めることができるという条項があると主張し、8月23日に高等裁判所はそれを支持する判決を下している。

今回『メトロ』紙のインタヴューでジョン・ライドンはセックス・ピストルズのキャリアについて振り返っている。「そんなに栄光があったのかは分からないね。その大半は地獄だったよ。常にプレッシャーがあったからね。ただ自分の書きたい曲を書かなければならなかった。そして世に出してみたら、世間は素晴らしい反応で、評価してくれたんだ」

「でも、メディアや警察権力は認めてくれなかった。大逆罪で国会でも自分のことが話し合われたんだからね」

ジョン・ライドンは論争について軽視するひともいたが、状況は困難なものだったと続けている。「『ああ、あれか』と笑う人もいたけど、大逆罪は死刑もあるからね。言葉もないだろ」

「“Anarchy in the UK”のような感傷的なポップ・ソングで死ぬ可能性があったんだ。『あいつを殺せ』ってね」

ジョン・ライドンは自身の存在について体制を挑発する「神の賜物」だと評している。

「論争を引き起こさずにはいられないんだ。自由な考えの持ち主だからね。もちろん、間違った形で人に触れてしまうこともあるけど、俺たちは神の賜物なんだ。厄介者だけど、挑発することで人々を目覚めさせるんだ」

先日、伝記映像作品『ピストル』を巡る裁判についてジョン・ライドンは法廷闘争で敗れたことで経済的困窮に陥ったと語っている。

「途轍もない混乱のせいで自分は多額の負担をさせられたんだ」とジョン・ライドンは裁判について語っている。「意地悪にも法外な値段の攻撃を受けたんだ。スティーヴ、ポール、グレンがあんなにも邪悪になるなんて予想していなかったんだ。席について話をすることもなかったのにね」

ジョン・ライドンは『ピストル』がウォルト・ディズニー傘下のFXで初公開されると知って勝ち目はないと思ったことを示唆している。「これはウォルト・ディズニーの金と自分の対決になってしまったんだ。誰だったら勝てると言うんだ? セックス・ピストルズはミッキーマウスが所有するものになってしまったんだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ