GETTY

Photo: GETTY

トッド・ラングレンはカニエ・ウェストの最新作『ドンダ』に参加したフラストレーションを吐露している。

トッド・ラングレンによれば、彼は1年以上にわたってアルバムに取り組んでいたそうで、「自分のコンピューターにはアルバム3枚分のカニエ・ウェスト関連のものがある」と語っている。

カニエ・ウェストとのやりとりは長年カニエ・ウェストとコラボレーションを行っている88キーズを通して連絡をもらったと述べている。

「彼のゴスペル音源だろうが気にならなかった。神について歌うんだとしても問題ない。手伝うよ、ってね。元妻とのトラブルについて歌うなら、そうすればいい。問題ないね」とトッド・ラングレンは初期のセッションについて語っている。

しかし、時を経てトッド・ラングレンはカニエ・ウェストへのフラストレーションが湧いてきたと明かしている。「7月に大詰めになった時は『自分としてはもう十分だと思うよ。これが使われるかどうかも分からないんだから』と言っていたね。どんなものになるかについては、そんなに反応を返してくれないんだよ」と彼は『アルティメット・クラシック・ロック』に語っている。

「アルバムに貢献できているなら、よかったけど、そうじゃないなら教えてほしいね。自分は離れなきゃならないから……という感じだったね。だから、あのアルバムに参加している可能性もあるんだ。アルバムにはそういうジャンクがたくさんあるんだよ」

トッド・ラングレンはドレイクの『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』より前にアルバムを出すためにリリースを急いだことも批判している。

「ドレイクに先を越されるのを恐れていたんだ。彼は急いで、ドレイクが出す前週にリリースしたんだ」とトッド・ラングレンは続けている。「最終的にドレイクはランチを食べていたわけだけどね」『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』は『ドンダ』の再生回数を3日で追い抜いている。

彼は次のように続けている。「彼はその点では素人臭かったね。金を捨てるのでもない限り、あんな風にアルバムは作らないよ。アルバムを作るのにスタジアムを借りたりしないよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ