PRESS

Photo: PRESS

シェイドは“Osaka”のエンド・オブ・ザ・ワールドによるリミックス音源が公開されている。

“Osaka”は今年5月にリリースされたファースト・アルバム『ハイ・ダイヴ』に収録されており、2019年にサマーソニックで初来日した際にインスピレーションを受けて制作された楽曲となっている。

シェイドは“Osaka”について次のように述べている。「初来日時には東京と大阪で開催された巨大な音楽フェスにてパフォーマンスをさせていただき、あらゆる場所を訪れながら素晴らしい2週間を過ごしました。日本の文化、景観、食文化、そして人々に感銘を受け、私達の人生において、かけがえのない時間になりました。それまで自分たちの中に秘めていることさえも気づけなかった“自信”さえも、日本は引き出してくれたのです。“Osaka”はその感覚を表現した楽曲です」

“Osaka”のリミックス音源はこちらから。

リミックスについてシェイドは次のように述べている。「エンド・オブ・ザ・ワールドは、この楽曲の壁を打ち砕いてくれました! ヴァースでは、ダークさを引き出してくれた上に、トラックでは重厚なハーモニーをのせてくれています」

エンド・オブ・ザ・ワールドは次のように続けている。「過去に“Tokyo”という楽曲で海外アーティストとコラボしたことがある中、今回は「Osaka」で実現しました! “Osaka”の音源を最初に聞いた瞬間に、そのキャッチーさや、ミステリアスなフィーリングに魅了されました。このシェイドとのコラボレーションは大変楽しく、光栄に思っています」

エンド・オブ・ザ・ワールドは先週、最新シングル“In My Dream”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

“In My Dream”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ