GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトはソーシャル・メディアでホールジーのニュー・アルバムに賛辞を寄せている。

ホールジーは先週、通算4作目となる新作『イフ・アイ・キャント・ハヴ・ラヴ、アイ・ウォント・パワー』をリリースしており、同作はナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーとアッティカス・ロスがプロデュースし、フー・ファイターズのデイヴ・グロールやフリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムが参加している。

テイラー・スウィフトは本作について次のようにツイートしている。「ホールジーのアーティスト性とリスクを犯す姿勢に感動した。一緒に飛び込んで、探求するための新たな勇敢なる時代を彼女は提供してくれている。『イフ・アイ・キャント・ハヴ・ラヴ、アイ・ウォント・パワー』は発売中。ぜひアルバムを購入するか、ストリーミングしてほしい」

これを受けてホールジーは「ありがとう、T。非常に大きな意味を持っている」と応じている。

先日、テイラー・スウィフトはTikTokへの初めての投稿を行っており、デイヴの“Screwface Capital”に合わせてラップするものとなっている。

初めての投稿は『レッド(テイラーズ・バージョン)』のアナログ盤の予約が開始されたのを受けたもので、キャプションでテイラー・スウィフトは「現在、たくさんのことが進行中。私のサイトで『レッド(テイラーズ・バージョン)』のアナログ盤の予約が開始。そして、私はTikTokを今回始めた。さあ、ゲームの始まりよ」と述べている。

テイラー・スウィフトは『レッド(テイラーズ・バージョン)』にフィービー・ブリジャーズとエド・シーランらが参加していることも明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ