GETTY

Photo: GETTY

エミネムの元妻であるキム・スコットは自殺を図って、病院に搬送されたと報じられている。

『TMZ』の報道によれば、警察は自殺の通報を受けて、現地時間7月30日にミシガン州にある46歳のキム・スコットの自宅に駆けつけたという。

警察が到着した時、彼女は意識があり、落ち着いていたという。彼女は病院に入院しており、回復して自宅に戻るまで医学的/心理学的検証が行われる。

エミネムとキム・スコットは1995年に生まれた娘のヘイリーの両親となっている。

キム・スコットは姉妹のドーンと共に家出をした1989年に2人はティーンエイジャーで出会っている。2人は15歳のエミネムの自宅へと移り、その後カップルになっている。

2人は1999年に結婚したが、2年後に離婚している。

2006年1月に2人は再婚したが、同年4月に離婚しており、ヘイリーの共同親権で合意している。

2人の関係はエミネムの音楽にも反映されており、2000年発表の『マーシャル・マザーズLP』に収録の“Kim”を書いている。

キム・スコットは2015年10月にも自殺を図っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ