GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュブリトニー・スピアーズの後見人制度について「ひどいこと」と評している。

ブリトニー・スピアーズはロサンゼルスの裁判所で父親のジェイミー・スピアーズを保佐人から外したいと述べ、「後見人制度による虐待の責任」を求めている。ブリトニー・スピアーズは自身の法定弁護士を決めることが許可されている。

オーストラリア版『ヴォーグ』誌でブリトニー・スピアーズの後見人制度について訊かれたビリー・アイリッシュは昨今の法廷闘争には衝撃を受けたとして、彼女のそばには応援してくれるチームがいることに感謝していると語っている。

「多くの女性があんなことを体験しているなんてひどいことだわ。それも今日の今日までね」とビリー・アイリッシュは語っている。

「私にはひどい扱いをするチームはいない。それはあんまりないことなのよね。しかし、最低よね」と彼女は続けている。

「私がしなきゃいけないのは、たまたまいい人たちに囲まれていることを感謝することよね。私のことを利用しようともしないし、過去にやったことをやろうとしないしね」

先日、ブリトニー・スピアーズはあらためて父親のジェイミー・スピアーズが保佐人を務める間はライヴをやるつもりはないことを示唆している。

「私のダンスするビデオを批判することにした人々へ……父が私のすすことや言うこと、考えることを管理する間はステージでパフォーマンスを行うことはないわ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ