GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズは来月カリフォルニア州ロサンゼルスのフォーラムで大規模公演を行うことを発表している。

18000人収容のフォーラムだが、同会場にとって新型コロナウイルスのパンデミックが始まってからフル・キャパシティの公演は初めてとなる。

来場者はチケット購入時と入場時の両方で完全に新型コロナウイルスのワクチンを接種した証明か、陰性であることを示す検査結果が必要となる。

現地時間6月20日にフー・ファイターズはマディソン・スクウェア・ガーデンでも同会場にとってコロナ禍後初となるフル・キャパシティでのコンサートを行っている。

観客はワクチン接種が終わった人のみとなっていて、抗議するワクチン反対派の人々も登場している。

先日、フー・ファイターズはグローバル・シチズンによるワクチン・ライヴでブライアン・ジョンソンと共演して、AC/DCの“Back In Black”をカヴァーしていた。

「ワクチン・ライヴ:ザ・コンサート・トゥ・リユナイト・ザ・ワールド」はセレーナ・ゴメスが主催したもので「新型コロナウイルスを終わらせ、飢餓の危機を終わらせ、学ぶことを再開させ、地球を守り、平等を推進するのを手助けする」ために開催され、約3億ドル(300億円)の資金を集めている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ