PRESS

Photo: PRESS

デヴィッド・ボウイは主演映画『ジャスト・ア・ジゴロ』が8月16日にイギリスで映像商品としてリリースされることが決定している。

デヴィッド・ヘミングスが監督した1978年公開の本作はデジタルでリマスターされて、54ページのブックレットとボーナス映像を収録してリリースされる。

『ジャスト・ア・ジゴロ』の説明には次のように記されている。「若いプロイセン人紳士のポール(デヴィッド・ボウイ)は第一次大戦の前線に到着した時に爆発に巻き込まれました」

「陸軍病院でフランス人の英雄に間違えられた後、回復して、彼はベルリンに戻ってきました。彼の生家は下宿となり、父(ルドルフ・シュンドラー)はよぼよぼで、母(マリア・シェル)はトルコ風呂で働いていました」

「新たな目標を見つけようとしましたが、幼馴染のシリー(シドニー・ローム)は名声と富のために彼を捨て、前の連隊長ヘルマン・クラフト(デヴィッド・ヘミングス)は右翼の政治結社に勧誘しようとし、金持ちの未亡人であるヘルガ(キム・ノヴァク)は彼に色目を使ってきました」

映画『ジャスト・ア・ジゴロ』はデヴィッド・ボウイにとって『地球に落ちて来た男』以来の映画出演となっている。

先日、デヴィッド・ボウイについては映画『地球に落ちて来た男』のドラマ版が製作されることが発表されており、ロブ・デラニーが出演することが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ