GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは人種差別的な中傷の言葉に合わせて口を動かす昔の映像について言及し、謝罪している。

インスタグラムのストーリーで長文の画像を投稿したビリー・アイリッシュは「13歳か14歳」の時にアジア人を差別する言葉に合わせて口を動かした動画がTikTokで出回った件について「愕然として、うろたえて」いると述べている。

「当時はアジア人のコミュニティに使われる蔑称であることを知りませんでした。愕然として、うろたえており、あの言葉に合わせて口を動かしていることに吐きそうです」とビリー・アイリッシュは述べている。

「あの言葉を聞いたのはこの曲しかなく、家族など私の周りで使われることはありませんでした」

「当時の年齢や無知さに関係なく、人を傷つけることだった事実には言い訳のしようがありません。その件については謝罪します」

billie-eilish-statement-racial-slur

ビリー・アイリッシュはアクセントをからかうような2番目の動画についても言及して、そうしたものではないと述べている。

「編集された他の動画には私がおどけて、ちんぷんかんぷんな感じで作り声で話しているものがあります。これは子どもの頃からやり始めたもので、ペットや友人、家族と話す時にこれまでもずっとやっていたものです」

「これは完全にでたらめな意味のないもので、ふざけているに過ぎず、なにかの人物やなにかしらの言語、アクセント、文化を真似したものではまったくありません」

「解釈に関係なく、私としてはこれは誰かを傷つけようとした行動ではありませんでした。今回、聞いた人を傷つけるものとして見られていることにものすごく心を痛めています」

ビリー・アイリッシュは次のように締めくくっている。「私はそう考えるだけでなく、包括性、思いやり、寛容さ、公正さ、平等のために闘うものとして常に自分のプラットフォームを使おうと懸命に取り組んできました。会話を持ち、耳を傾け、学ぶことを続けていかなければなりません」

新たなインタヴューでビリー・アイリッシュはデビュー・アルバムの制作過程を振り返り、「あらゆる瞬間が嫌だった」と語っている。

米『ローリング・ストーン』誌の新たなインタヴューでビリー・アイリッシュはデビュー・アルバムが画期的な成功を収めたにもかかわらず、作曲の過程は楽しめなかったと語っている。

「あらゆる瞬間が嫌だった」と彼女は語っている。「曲を書くのが嫌だったし、レコーディングも嫌だった。もう絵に描いたように嫌だった。他のことだったら何だってしたわ。この後、またアルバムを作るなんて考えられなかったのを覚えている。絶対に嫌だった」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ