GETTY

Photo: GETTY

レディー・ガガはプライド月間に際してヴェルサーチとコラボレーションを行ったことを発表している。

先日、レディー・ガガは2011年発表の『ボーン・ディス・ウェイ』が5月23日にリリースから10周年となることを受けて、ウェスト・ハリウッドで鍵を贈られて祝福されている。

ウェスト・ハリウッドの市長であるリンジー・P・ホヴァースは5月23日を「ボーン・ディス・ウェイの日」だと宣言して、ロバートソン・ブールヴァードにレインボー・カラーのプライド・フラッグとしてアルバム・タイトルを描いた通りが公開されており、LGBTQIA+コミュニティと『ボーン・ディス・ウェイ』に捧げられている。

『ボーン・ディス・ウェイ』の10周年とプライド月間を記念して7色のヴェルサーチのロゴと「BORN THIS WAY」の文字が書かれたTシャツがヴェルサーチより販売される。

レディー・ガガはインスタグラムで次のように述べている。「ヴェルサーチはお互いを尊重する私たちの中にある美しい愛の色を祝福してきました。私たちは誰もが違う存在で、違うことは美しいのです。LGBTQ+のメンタル・ヘルスと『ボーン・ディス・ウェイ』の10周年を支援してくれるドナテラ・ヴェルサーチに感謝します」

レディー・ガガはセカンド・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』の10周年を記念したスペシャル・エディションがリリースされることも決定している。

スペシャル・エディションにはLGBTQIA+コミュニティを代表するアーティストが同作曲の収録曲を再解釈した6曲が追加される。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ