GETTY

Photo: GETTY

DMXは今週末に開催されるお別れの会の詳細が発表されている。

DMXはオーヴァードーズによる心臓発作で病院に搬送されて現地時間4月9日にニューヨークで亡くなっている。DMXは亡くなるまで集中治療室で治療を受けていて、享年50歳だった。

今回、DMXのインスタグラムでお別れの会は2つ開催されることが発表されている。

1つ目の「セレブレーション・オブ・ライフ」は日本時間4月25日午前6時よりニューヨークのブルックリンにあるバークレイズ・センターで開催され、DMXのYouTubeで配信される。

2つ目の「ホームゴーイング・セレブレーション」はテレビ局「BET」で日本時間4月26日午前4時30分より放送される。

一般のファンはお別れの会に参加できず、近い友人と家族のみがお別れの会には出席できる形となっている。

エリック・アンドレはDMXについて「ラップするために生まれた」と述べ、スヌープ・ドッグは「彼のソウルと音楽は生き続ける」とコメントしている。

スウィズ・ビーツも追悼の意を評しており、「まったく違うタイプのアーティスト、まったく違うタイプのクリエイティヴぃであり、まったく違うソウルを持っていた」と述べている。

DMXの娘であるサラも追悼のコメントを発表している。

「私の感じていること、この状況全体に感じることを説明できることは何もありません」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ