PRESS

Photo: PRESS

ケイティ・ペリーはルイサ・ソンザとブルーノ・マルティニのコラボレーションとなる“Cry About It Later”が公開されている。

“Cry About It Later”は昨年8月にリリースされたケイティ・ペリーの通算6作目となるアルバム『スマイル』に収録されていた楽曲で、今回新たにリミックスが公開されている。

リミックス音源はこちらから。

先日、ケイティ・ペリーは審査員を務めるオーディション番組『アメリカン・アイドル』について語り、新型コロナウイルスの危機を前向きに捉えていると語っている。

ケイティ・ペリーは2018年から『アメリカン・アイドル』の審査員を務めており、2月14日から第19シーズンがスタートしている。

トーク番組『ライヴ・ウィズ・ケリー・アンド・ライアン』に出演したケイティ・ペリーは依然、新型コロナウイルスの危機が続く中で番組が始まることについて語っている。「今は誰もが奇妙で狂ったクレイジーな時を過ごしているし、そこで多くの夢が保留されることになったと思う」

「でも、多くのオーディション参加者が自分に言い聞かせていたと思うの。オーディションのZoomリンクをクリックする時に『失うものは何もない』ってね」と彼女は続けている。「だって、もう何も約束されていることはないわけだから。明日、どうなるかも分からないわけでしょ。だから、『夢に向かって全力投球しよう』ってね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ