PRESS

Photo: PRESS

ニイアはクルアンビンのベーシストであるローラ・リーとのコラボレーションとなる新曲“Not Up For Discussion”が公開されている。

ロサンゼルス在住のシンガー・ソングライターであるニイアはジョルジャ・スミスやザ・エックス・エックスなどとも共演を果たしている。

新曲“Not Up For Discussion”のミュージック・ビデオはこちらから。

「人生なんて自分に何も教えてくれないけど、毎日日焼け止めを塗って深夜まで出かける」と歌う“Not Up For Discussion”についてニイアは次のように語っている。「基本的に私は未熟なのです(笑)。傷ついた自分の気持ちを鎮静させるため、マントラを唱えて日々を生きているようなもの。だから私は何事に対しても防御的で、すべてを皮肉にとらえて判断してしまう。ただ、不平ばかりを漏らす中でも、輝きに出会う瞬間もあって。だから私は日々ヴォーカルを編集したり、若見えするために日焼け止めを塗ってお出かけしたりするのです。私たちの人生はメリーゴーラウンドのようなもの。だったら、それを最大限に活用して、どこか素晴らしい場所へたどり着けたらいいなと思っています」

彼女は次のように続けている。「この1年、私は自分自身を俯瞰で見つめようとしてきました。私が、そして聴いてくださるファンの皆さんにどんな音楽を届けていけばいいのかを考えるためにです。結果、出来上がった楽曲の数々は人生に根ざしているというか。生きるための手がかりを見い出していただけるような作品になっていると思います。私の個人的な経験から生まれた、感情を揺さぶられるはずの音楽の旅を楽しんでいただけたらと思います」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ