GETTY

Photo: GETTY

エイフェックス・ツインはNFT(ノン・ファンジブル・トークン)で売却したアートになにかを隠していたと見られている。

エイフェックス・ツインは3月14日に初めてNFTでアート作品を12万8000ドル(約1400万円)で売却している。

『afx\/ウィアードコア\/ブロックスキャナー』と題されたアート作品はエイフェックス・ツインとヴィジュアル・アーティストのウィアードコアとのコラボレーションとなっている。

今回、「トークンに追加の技術的措置」を施したデジタル・アーティストで「クリエイティヴな雇われ人」と称するフリーカ・テットは動画を公開し、NFTをアンロックして秘密ファイルを解凍する方法を説明している。

動画のキャプションには「NFTハック。元々、NFTには特別なものが隠されているんだ。アンロックして、中に何があるかをチェックしてみてくれ」と書かれている。

ファンによれば解凍されたファイルには4月14日という日付が含まれており、『ドラックス』に収録の“Avril 14th”への言及したものと見られている。ただし、なにか新しいものが出ることを示唆している可能性もあるという。

NFTの発表時にエイフェックス・ツインは暗号通貨の二酸化炭素排出量について相殺する活動を行うとしている。「売れた金額に基づいて収益の一部は植林に使う予定で、パーマカルチャーのプロジェクトに寄付を行うか、独自にそうした活動を行います」

エイフェックス・ツインだけでなく、グライムス、キングス・オブ・レオン、ホールジーらもNFTで作品を発表しており、ゴリラズもデビュー・アルバムの20周年を記念したNFTを計画しているが、環境への影響から批判を受けている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ