PRESS

Photo: PRESS

デヴィッド・ボウイの熱心なファンが、デヴィッド・ボウイが死の直前にフォローしたツイッター・アカウントが神のパロディ・アカウントであることを指摘している。

デヴィッド・ボウイは18ヶ月に及ぶガンとの闘病生活の末、1月10日に69歳で亡くなっている。

プロデューサーのトニー・ヴィスコンティはその死について「アートとしての作品」だったと語っているが、ファンはデヴィッド・ボウイが生前最後にフォローしたツイッターのアカウントが@TheTweetOfGodであったことを目撃している。このアカウントは、ブロードウェイの舞台「アン・アクト・オブ・ゴッド」と結びついたものであるという。

デヴィッド・ボウイが自身でソーシャル・ネットワーク・アカウントをコントロールしていたかは明らかになっていないが、デヴィッド・ボウイのオフィシャル・アカウントがフォローしているのはわずか172アカウントで、それに対して785000を超えるフォロワーを抱えている。『NME』はバンドの担当者にコメントを求めている。

このニュースを受けて、@TheTweetOfGodは、「デヴィッド・ボウイは神が常になりたい存在だった」というツイートを行っている。

デヴィッド・ボウイは死の直前、69歳の誕生日である1月8日に最後のアルバム『★(ブラックスター)』をリリースしている。

デヴィッド・ボウイの死は18ヶ月にわたるガンとの闘病生活を受けてのもので、デヴィッド・ボウイのフェイスブックには「2016年1月10日、デヴィッド・ボウイは18ヶ月に及ぶ勇敢なガンとの闘いを受けて、家族に囲まれて安らかに亡くなりました。みなさんの多くがこの喪失を共有してくださることでしょう。しばらくは家族のプライヴァシーに御配慮をいただくことをお願い致します」というメッセージが投稿されている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ