GETTY

Photo: GETTY

ブラック・サバスのギーザー・バトラーは新たなインタヴューで「デヴィル・ホーン」のハンドサインを広めたロニー・ジェイムス・ディオに初めてそのジェスチャーを見せた時のことを振り返っている。

「デヴィル・ホーン」のハンドサインは2010年に亡くなったロニー・ジェイムス・ディオにとってブラック・サバス時代のトレードマークとなっていた。

シリウスXMの『トランク・ネイション』に出演したギーザー・バトラーはロニー・ジェイムス・ディオが加入する前から自分はデヴィル・ホーンをやっていたと述べ、「1971年にやっている写真」があると説明している。

「“Black Sabbath”の曲のブレイクダウンでいつもやっていたんだ。最後に速くなるところの手前だよね。観客に向けてあのハンドサインをやっていたんだ」

「『ヘヴン&ヘル』ツアーの最初の数公演でロニー・ジェイムス・ディオは『僕がステージに行くと、みんなピースサインをやってくれるんだけど、あれはオジーのものだよね。何かをやり返すべきだと思っているんだけどね』と言っててね」

「『“Black Sabbath”でやっているあのハンドサインは何?』って訊かれたから、デヴィル・ホーンのサインを見せたんだ。そしたら、彼はそこからあれをやり始めて、有名にしてくれたんだ」

これまでそれを公の場で話してこなかったのはなぜかと訊かれたギーザー・バトラーは次のように答えている。「あまり考えてこなかったんだ」

「言っている通り、僕が1971年にやっている写真があるんだ。単にオジーのピースサインとは別のものとして、僕がやっていたんだ。『イエロー・サブマリン』のアルバム・ジャケットを見ると、ジョン・レノンがこのサインをやっているわけでさ。だから、古いサインなんだ。自分はオカルト師のアレイスター・クロウリーがやっていたからやっていたんだよね」

ギーザー・バトラーはツイッターで自分がデヴィル・ホーンのサインを発明したと言っているわけではないと改めて言及している。

「僕は単にロニーと僕でステージの瞬間を共有しただけなんだ」と彼はツイートで述べている。「ロニーがこれを有名にしたんだ。他の人間がなんと言おうと、これからもずっと彼に関連付けられることになるだろうしね」

ギーザー・バトラーはインタヴューで「ロニーを批判していると思ってほしくない」と語っている。

「彼は親愛なる友人の1人だからね。彼とその友人関係をこれからもずっと惜しむことになるよ」

今年1月にブラック・サバスはリハーサルで収録された“Heaven And Hell”のデモ音源がオンラインで公開されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ