GETTY

Photo: GETTY

ウルフ・アリスは“The Last Man On Earth”というタイトルと共に更に予告する投稿をソーシャル・メディアで公開している。

ウルフ・アリスの公式サイトでは瞬きをする片眼の映像が公開されており、メール・アドレスを登録するフォームが設置されている。ファンは新しい音源が間もなくリリースされるのではないかと見ている。

今回、ウルフ・アリスはソーシャル・メディアで片眼の画像を投稿しているほか、不吉な音が後ろで流れているティーザー映像も公開されている。

“The Last Man On Earth”がアルバムやシングルのタイトルなのかは明らかになっていない。しかし、新曲のリリースが間近だと見られている。

2019年11月、ウルフ・アリスは沈黙を破って「新曲に懸命に取り組んでいる」ことをファンに伝えていた。

2020年1月、所属レーベルのダーティ・ヒットのトップであるジェイミー・オーボーンは『NME』にウルフ・アリスが2020年前半を新作の制作に費やしていると語っていた。

「順調にいっているよ」とジェイミー・オーボーンは通算3作目の進捗について語っている。「曲を書いているところなんだ。デモは非常にいい形になっている。プロデューサーを決めたから、1ヶ月くらいで始めるんじゃないかな。素晴らしいものになるよ。既に素晴らしいバンドだけど、最高のアルバムを作ろうとしているみたいなんだ」

ウルフ・アリスの最新作は2017年発表の『ヴィジョンズ・オブ・ライフ』となっていて、翌年マーキュリー・プライズを受賞している。

昨年5月にウルフ・アリスのギタリストであるジョフ・オディはソロ・デビュー・アルバム『トゥ・マイ・フェイヒー』をリリースしており、収益は貧困対策のチャリティに寄付されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ