GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーは新たなインタヴューでザ・ビートルズで最も好きな楽曲について語っている。

先週、ポール・マッカートニーは1970年発表の『マッカートニー』、1980年発表の『マッカートニーII』に続く『マッカートニーIII』を12月18日にリリースしている。ロックダウンの最中にレコーディングされた通算18作目となるアルバムは2018年発表の『エジプト・ステーション』に続くアルバムとなっている。

アップル・ミュージックのゼイン・ロウのインタヴューを受けたポール・マッカートニーはザ・ビートルズで最も好きな曲を尋ねられている。

「いつも“You Know My Name (Look Up the Number)”と言っているんだ」とポール・マッカートニーは語っている。「おどけた感じのちょっとした誰も知らないB面曲なんだけどね。でも、作るのがすごく楽しかったんだ。ちょっとしたコメディ・レコードみたいな感じなんだ」

「作るのが楽しかったのを覚えている。でも、ザ・ビートルズで好きな曲はたくさんあるわけでね。“Strawberry Fields”も素晴らしい曲だと思うし、“Hey Jude”もいい曲になったと思うしね。好きな曲はたくさんあるんだ。“Blackbird”も好きだし、“Eleanor Rigby”も好きだよ」

また、これまでに最も多く聴いたザ・ビートルズの楽曲について訊かれると。ポール・マッカートニーは「多分、曲としては“Let It Be”と言うね」と答えている。「どこでも耳にするんだ。ありとあらゆるところでね」

先日、ポール・マッカートニーはザ・ビートルズの栄光について語り、ザ・ビートルズの音楽が人々に届き続けていることに「驚いている」と語っている。ザ・ビートルズの楽曲が今も人を感動させている理由について訊かれて、彼は「答えは定かじゃないね」と答えている。

「曲の構造と関係があるのかもね。余計なものがあってはならないからね。然るべき形のものがアルバムには収録されなきゃいけないんだ。でも、そうあり続けていることに驚いているよ。驚いているね。驚いている感じなんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ