Slow Dance

Photo: Slow Dance

PVAは最新シングル“Talks”をグラミー賞受賞歴のあるムラ・マサとサウス・ロンドンを拠点とするプロデューサーのリンクスがリミックスした音源が公開されている。

リミックスと“Talks”のオリジナル音源は来たるPVAのデビューEP『トナー』に収録される。EPはニンジャ・チューン傘下のビッグ・ダダより11月20日にリリースされる。

リミックス音源はこちらから。

ムラ・マサはPVAをリミックスできる機会に「飛びついた」と語っている。

「“Divine Intervention”を聴いて以来、PVAの大ファンになっていて、彼らの新曲“Talks”を聴いた時に、自分なりのアレンジを加えるチャンスだと思って飛びついたんだ」

「彼らは非常に古典的なサウンドをとても新鮮な形でアウトプットしていて、自分のリミックスでも同じようにフレッシュな感覚を大事にしたいと思った」

リンクスは2011年上演の演劇『フランケンシュタイン』で化け物を演じたベネディクト・カンバーバッチを映像で使ったと述べている。

「今回のリミックスでは、DMTをやって宇宙空間で観るブリトニーのコンサートのようなヴァイブスを目指していたんだ。ポップでキャッチーでハードなコーラスと、冷たくて超ミニマルなヴァースとの奇妙なコントラストを作ろうとした。そして、映像ではベネディクト・カンバーバッチの『フランケンシュタイン』の冒頭を当てはめたんだ。歩く代わりにダンスを覚えるところを取ってね。どちらもすごく作るのが大好きだったし、僕のカオティックなバージョンを聴いてもらうのが待ちきれないよ」

“Talks”のリリースの際にヴォーカリスト/ギタリストのジョシュ・バクスターは現実の恋愛とゲーム『レッド・デッド・リデンプション』のキャラクターであるアビゲイル・マーストンとのフィクションな恋愛が題材になっていると語っている。

「“Talks”は本当の思いを表現したり、傷つくリスクを犯したりするのを避けるためにゲームを開発する内容なんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ