GETTY

Photo: GETTY

セイント・ヴィンセントはゲーマーのアビー・ラッセルと『フォートナイト』をプレイする動画を配信している。

本名をアニー・クラークというセイント・ヴィンセントは映画『ザ・ノーウェア・イン(原題)』で小道具として使っていたニンテンドースウィッチで『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を300時間やっていたことを明かしている。

今回、セイント・ヴィンセントはYouTubeチャンネル『ジャイアント・ボム』でアビー・ラッセルと人気ゲーム『フォートナイト』をプレイしている。

「私はうまくないということは言っておかないとね」とセイント・ヴィンセントはプレイ前に語っている。「たくさんやっているんだけど、うまくないの。期待されているならね」

自身のキャラクタのデザインについてセイント・ヴィンセントは「パラミリタリー直系」と評しており、その見た目について「イビザのクラブ・プロモーターか、ヨットを持っている億万長者」と語っている。

セイント・ヴィンセントのプレイ動画はこちらから。

セイント・ヴィンセントは動画の中で次に買いたいゲーム機についても語っている。「PS5についてはいろいろ考えているの。もちろん、まだ出ていないのは知っているけど、どれだけハマってしまうのか想像しているわ」

彼女は次のように続けている。「最近、オキュラスを手に入れたの。酔いがなくなって楽しめるようになったわ」

8月にセイント・ヴィンセントはX JAPANのYOSHIKIとコラボレーションした“New York”の音源がリリースされている。

“New York”はセイント・ヴィンセントの通算5作目となるアルバム『マスセダクション』に収録されている楽曲で、YOSHIKIはピアノの演奏とストリングスのアレンジメントで参加している。

音源はこちらから。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ