GETTY

Photo: GETTY

ザ・キンクスのレイ・デイヴィスは名曲“Waterloo Sunset”をリリースしたくなかったと語っている。

“Waterloo Sunset”は1967年5月にシングルとしてリリースされており、アルバム『サムシング・エルス』に収録される。

現在ではバンドの名曲の一つとなっている“Waterloo Sunset”についてレイ・デイヴィスは新たなインタヴューでプライベートなままにしておきたかったと語っている。「家族が一緒にいたんだけど、オーストラリアから妹が帰ってきて、姪のジャッキーがいて、他にも従兄弟が数人いたんだけど、彼らにアセテート盤であの曲を20回くらいかけたんだ」

「それで僕は言ったんだ。『これは自分たちのための曲で、世に出したくない』ってね。僕にとっては出さないことが重要だったんだ。僕は優秀なビジネスマンじゃないからね。自分たちのためだけのものにしておきたかったんだ」

レイ・デイヴィスは曲のリリースを渋ることはなかったものの、「人々が正しい形でこの曲に繋がってくれたら嬉しい」と続けている。「国籍に関係なく、夕陽に自分たちの未来を重ねる若い2人の恋人についての曲なんだ」と彼は語っている。

昨年、ザ・キンクスのデイヴ・デイヴィスは兄であるレイ・デイヴィスとザ・キンクスの新曲に現在取り組んでいることを明かしていた。ザ・キンクスが復帰する最初の兆候が示されたのは2018年6月のことで、レイ・デイヴィスはデイヴ・デイヴィス、オリジナル・ドラマーのミック・エイヴォリーと共演して、新曲に取り組む予定であることを明かしていた。

「立ち返ってみて、たくさんの古い音源を聴いてみたんだ。すごくいいものもあったし、ちょっと手直しが必要なものもあったんだ」と彼は語っている。「レコーディングしたのに使わなかったものとか、あとはヴォーカルを仕上げてないものとか、手直しが必要なものとかだよね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ