GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのデイヴ・グロールはツアーが終わる度にバンドをやめたくなる心境について語っている。

ロサンゼルスにあるフー・ファイターズのスタジオ606でブライアン・ジョンソンとデイヴ・グロールが対面した様子を記録した番組『ブライアン・ジョンソン・ミーツ・デイヴ・グロール』が放送される。

その中でロック・バンドのツアー生活について振り返ったデイヴ・グロールは「他に何をしたらいいか分からないんだ」と語っている。

彼は次のように続けている。「ツアーに1年から1年半出て、ツアーから家に帰ってきて、『もう二度とやらない。おしまいだよ。これで最後だ。二度とやらない。2年間の休みをとる』って言い出すのは、俺の人生ではみんなの知ってるお決まりのジョークなんだ」

「友人たちは俺を見て、『そんなわけがない。デタラメだろ』って言うんだ」

「そして1ヶ月半も経つと、ギターを膝に乗せて、曲を書き始めて、連中に電話するんだ。『またアルバムを作ろう』ってね。毎回だよ」

先日、フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールはネットで話題になっている10歳の女性ドラマーのナンディ・ブッシェルとのドラム勝負を受けている。

デイヴ・グロールはフー・ファイターズのツイッターにその呼びかけに応じる動画を投稿しており、キャプションには次のように記されている。「やあ、ナンディ・ブッシェル、チャレンジを受けるよ。長い間、この曲は演奏してこなかったんだけど、インスピレーションをくれたことに感謝するよ。君に感動させられたんだ」

一方、ブライアン・ジョンソンはAC/DCに参加して新曲をレコーディングしていると報じられている。

ブライアン・ジョンソンは2016年に聴覚を失う可能性からバンドを離脱しており、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが代わりにヴォーカルを務めている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ