GETTY

Photo: GETTY

ビヨンセはジョージ・フロイドの死を受けてデモが世界各地で続けられる中でブラック・ライヴス・マター運動の参加者になお「力を合わせる」よう求めている。

インスタグラムでビヨンセはジョージ・フロイドが亡くなったミネソタ州で抗議する人々が通りを埋め尽くす写真を公開している。

「ジョージ・フロイドのために世界が一つになった。まだ長い道のりがあることを私たちは知っている」とビヨンセは述べている。

「本物の正義を求めるために意志と力を合わせ続けましょう」

ジョージ・フロイドの首に膝を突き立てて殺害した警官のデレク・ショーヴァンは罪が第2級殺人罪に引き上げられており、他の3人の警官は第2級殺人の幇助で起訴されている。

先日、ビヨンセはインスタグラムに公開した映像で次のように語っていた。「ジョージ・フロイドのための正義が必要よ。私たちはみんな白日の下の殺人を目撃したわ。私たちは傷つき、むかついている。この痛みを常態化することなどできない」

「肌の色についてだけ語っているわけじゃない。白人だとしても黒人だとしても間のブラウンだとしても今、アメリカで起きている人種差別に絶望を感じていることを私は知っている」

「意味なく人間を殺害するのはやめましょう。人間としてではなく肌の色で見るのはやめましょう。見過ごすこれおはできない。ジョージは人道という点で私たち全員の家族だった。彼は同じアメリカ人として家族だったのよ」

彼女は次のように続けている。「これまでも暴力的に殺害されたのに何も起こらなかったことがたくさんあった。もちろん、誰かが罪に問われるんだけど、正義の実現からは程遠いものだった。署名をして、この国の平和や思いやり、癒やしのために祈ることを続けてほしい」

夫のジェイ・Zも亡くなったジョージ・フロイドを偲んで新聞に一面広告を掲載している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ