GETTY

Photo: GETTY

レディー・ガガは昨年のアカデミー賞授賞式の際に30億円以上するダイヤモンドを身に着けたままタコベルに行った逸話を明かしている。

レディー・ガガは2019年のアカデミー賞授賞式で映画『アリー/スター誕生』に提供した“Shallow”で歌曲賞を受賞している。

当日、レディー・ガガはティファニーから貸与された30億円以上するダイヤモンドのネックレスを身に着けて授賞式に出席している。このネックレスはオードリー・ヘップバーンが1969年公開の映画『ティファニーに朝食を』の記念撮影時に身に着けていたものとなっている。

「グラハム・ノートン・ショウ」に出演したレディー・ガガはこの日のことを振り返っている。「あの夜は何が起こっているのか分かってなかったの。すごくあそこでは楽しかったわ。妹と私はバックステージでシャンパンをがぶ飲みしてしまって、会場を離れる時は誰にも声をかけなくて、ダイヤモンドもつけっぱなしだったの」と彼女は語っている。

「私がまだダイヤモンドを着けているのを見て、みんな驚いていたわ。マドンナの家に行った時も、彼女の護衛が横目で見ていたしね。それで最終的にタコベルに行ったんだけど、車を停められて、ティファニーの警備の人にやさしく首から外してもらったわ」

レディー・ガガは5月29日に通算6作目となる最新作『クロマティカ』がリリースされている。

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ