GETTY

Photo: GETTY

新型コロナウイルスの外出制限を受けてUKで人気の上がった楽曲のランキングが明らかになっている。

オフィシャル・チャート・カンパニーは新型コロナウイルスのパンデミックによるロックダウン以降に再生回数が増加した楽曲を挙げたロンキングを発表している。

新型コロナウイルスと音楽の関係を調べるために、このランキングはリリースから5年以上経った楽曲で構成され、先週亡くなったケニー・ロジャースの再生回数の増加といった例外は除外されている。

1位はジェリー&ザ・ペースメイカーズによるリヴァプールFCのアンセムとなっている“You’ll Never Walk Alone”で、パンデミックにおける結束を求める非公式のアンセムとなっている。“You’ll Never Walk Alone”の再生回数は150%増加しており、先週多くのラジオ局が連携して、この曲をオンエアしており、マーカス・マムフォードもカヴァーしている。

2位はまさにふさわしい曲名のエイコンの“Locked Up”で、3位はザ・ポリスの“Don’t Stand So Close To Me”となっている。

トップ10にはエス・クラブ・セヴンの“Reach”、R.E.M.の“Everybody Hurts”や“It’s the End of the World as We Know It”もランクインしている。

先日、多くのセレブリティがカヴァーした動画をガル・ガドットが公開したジョン・レノンの“Imagine”もランクインしている。

100曲のランキングはこちらから。

https://www.officialcharts.com/chart-news/the-uks-official-lockdown-listening-list-the-classic-songs-enjoying-an-unexpected-resurgence__29221/

新型コロナウイルスをめぐる外出制限を受けて、多くのアーティストがかつての曲を呼びかける形でカヴァーしている。

ジャミロクワイはデヴィッド・ボウイの“Let’s Dance”をカヴァーしているほか、R.E.M.のマイケル・スタイプは“It’s The End Of The World As We Know It (And I Feel Fine)”を少しだけ歌う動画を公開しており、リアム・ギャラガーは手洗いの仕方を指南する“Wonderwall”や“Supersonic”、“Champagne Supernova”といった替え歌を披露している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ