GETTY

Photo: GETTY

ブリング・ミー・ザ・ホライズンは外出制限が続くなか、通算8作目となるアルバムのレコーディングを行っており、その進捗をインスタグラムやビデオで明かしている。

フロントマンのオリヴァー・サイクスはインスタグラムで新型コロナウイルスの感染拡大を受けて状況が悪くなるなか、「すべてを断念して」スタジオで新曲に取り組んでいると述べている。

「あれ以来、外出制限となっているけど、健康的には問題ないよ……それで、これが俺たちのプランなんだ」と彼は続けており、映像作家のブライアン・コックスとコラボレーションを行っていることを明かしている。

「自宅で作曲を続けて、いくつか曲をレコーディングするつもりだよ。新しいアルバムを作るのに必要なものがすべてあるからね」とオリヴァー・サイクスは述べている。

この投稿をInstagramで見る

✨hey world hope everyone is coping with the quarantine o.k, shit is upside down right now.. we were working on BMTH8 in the studio and obviously we had to abandon everything. We’ve been isolating since & are all well.. so here’s our plan. @jordanfish86 and our videographer @brian_c0x are travelling down to Sheffield to isolate with me, we are going to continue to write at home & even record some songs, we have everything we need to create the new record. & we want to involve you in the whole process- so from tonight, we will be sending constant updates of our progress, doing live chats and streams with you guys.. hopefully to bring a bit of joy & light to you guys in these dark times. Stay tuned, stay safe wash your hands & try & beat my face mask by @fabulousbeasts_ ✨ #isolationinnovation

Oliver Sykes(@olobersykes)がシェアした投稿 –

8作目となる新作の「全行程にファンに関わってもらいたい」と述べており、ブリング・ミー・ザ・ホライズンは「進捗をコンスタントに伝え、ライヴチャットや生配信を行う」予定だとしている。

「この暗い時代に少しでも楽しさと明るさをもたらせたらと思うよ。期待してほしい。無事でいて、手を洗って、俺のフェイスマスクを試してみてくれよ」と彼は投稿を締めくくっている。

動画の第4弾でオリヴァー・サイクスの母親にネズミのおもちゃを使ったイタズラを仕掛けており、リー・マリアがギターをレコーディングしている様子や歌詞の書かれた紙も見ることができる。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ