GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトとカニエ・ウェストが2016年発表の楽曲“Famous”をめぐって電話で話した会話の全容がオンラインでリークされたことを受けて、キム・カーダシアンはさらに反論しており、これにテイラー・スウィフトの広報担当者も反論している。

カニエ・ウェストは“Famous”で「俺は今でもテイラーとセックスしたいかも/なぜって、あのビッチを有名にしたのは俺だから」とラップして物議を醸していた。歌詞によって諍いが起きるなか、カニエ・ウェストは歌詞の内容についてテイラー・スウィフトは電話で了承していたと述べており、その後、妻のキム・カーダシアンは電話を録画した動画を投稿していた。

しかし、今回、新たな動画が公開されており、カニエ・ウェストが最終的に曲で使われたのとは違う一節を伝えたことが明らかになっている。

このリークを受けてキム・カーダシアンは次のようにツイートしている。「誤解のないように言うと、あの状況をめぐって私が唯一問題にしているのは、テイラーが広報担当者を通して嘘をついていることで、『カニエは許可を求める電話をしてこなかった』と言ってるでしょ。間違いなく連中は話をしたし、私はみんなに見えるようにしたの。誰もテイラーの許可なしで『ビッチ』を使うことを拒否しなかったわ」

しかし、テイラー・スウィフトの広報担当者であるツリー・ペインはこのキム・カーダシアンの主張に反論している。「カニエは許諾を求めて電話をしてきてはなくて、テイラーのツイッター・アカウントにシングルの“Famous”をリリースしていいかを尋ねてきたの」

「彼女は断って、あんなにも強い女性蔑視のメッセージのある曲をリリースすることについて彼に警告したの。テイラーは『あのビッチを有名にしたのは俺だから』という本当の歌詞のことはまったく知らなかったわ」

昨年、テイラー・スウィフトは米『ローリング・ストーン』誌による新たなインタヴューの中で、一度は改善されたと思っていたというカニエ・ウェストとの関係性を振り返り、今は彼との「関係は終わった」と感じていると語っている。

テイラー・スウィフトは続けて、自身についての言及が含まれているカニエ・ウェストの2016年の楽曲“Famous”の歌詞をめぐる一連の騒動について言及している。「世の中の人たちは文脈をきちんと理解していなくて、あの一件につながることになった流れを知らないのよ」とテイラー・スウィフトは語っている。「何かそれに繋がるような出来事がない限り、ああいうことは起きないわけでね。彼に『ビッチ』と言われたことに腹を立てるまでには、いろいろな出来事があったのよ」

テイラー・スウィフトは“Famous”を聴いた時のことについて次のように振り返っている。「彼との関係は終わったと思った。険悪な関係でいたいなら、そうするわって。ただ、正々堂々とやりましょうってね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ