YouTube

Photo: YouTube

D.A.Fのガブリエル・デルガド=ロペスが亡くなった、享年61歳だった。

訃報はドイチュ=アメリカニシェ・フロイントシャフトのバンド・メンバーだったロベルト・ゲアルによって発表されており、ソーシャル・メディアで彼は次のように述べている。「昨晩、長年の友人にしてバンドメイトだったガビ・デルガドが亡くなったと今日聞いたんだ」

南スペイン生まれのガブリエル・デルガド=ロペスは1966年、8歳の時に家族と共にドイツに移住している。

1978年にロベルト・ゲアルとD.A.Fを結成して、6年後に解散している。ソロ・アルバム『ミストレス』をリリースした後、ガブリエル・デルガド=ロペスは1986年にロベルト・ゲアルとの活動を再開し、ロンドンで数年を過ごした後、ベルリンに移住している。

D.A.Fは1986年に『ファースト・ステップ・トゥ・ヘヴン』というアルバムをリリースしている。

それからの数十年にわたってD.A.Fは「グランドファーザーズ・オブ・テクノ」と名乗っている。

2019年にD.A.Fはメルボルン・ミュージック・ウィークに出演して初のオーストラリア公演を行っている。

ガブリエル・デルガド=ロペスはキャリアを通して3枚のソロ・アルバムをリリースし、D.A.Fでは7枚のアルバムをリリースしている。

ガブリエル・デルガド=ロペスはデルコム、DAF/DOSといったプロジェクトでもアルバムをリリースしつつも、ロベルト・ゲアルと亡くなるまでD.A.Fとしてパフォーマンスを行っていた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ