GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストはサンデー・サービスの合唱隊とのニュー・アルバム『ジーザス・イズ・ボーン』をリリースしている。

前作『ジーザス・イズ・キング』は元々予告されていた日付から遅れることになったが、今回はクリスマスの日にリリースされることがカニエ・ウェストによって予告されていた。

『ジーザス・イズ・ボーン』には19曲が収録されており、バックカタログである“Ultralight Beam”のゴスペル版が収録されているほか、2019年を通してサンデー・サービスのセッションで披露されてきた楽曲が収録されている。アルバムはカニエ・ウェストがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めており、各種ストリーミング・サービスで聴くことができる。

アルバムのストリーミングはこちらから。

先日、ジェイ・Zとカニエ・ウェストはストリーミング・サービス「タイダル」をめぐって行われていた訴訟で和解したと報じられている。

2011年発表の『ウォッチ・ザ・スローン』ではコラボレーションも行っているジェイ・Zとカニエ・ウェストは先週末、公の場で一緒にいるところが目撃されており、ファンを驚かせている。

ジェイ・Zとカニエ・ウェストは「タイダル」をめぐって両者間で行われていた訴訟が和解したと報じられている。カニエ・ウェストは「タイダル」でアルバム『ザ・ライフ・オブ・パブロ』を独占配信したことで350万ドル(約3億8000万円)を受け取る権利があると主張していた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ