PRESS

Photo: PRESS

MR.BIGのベーシストであるビリー・シーンは元ドラマーであるパット・トーピー亡き後のバンドの将来について「現時点では何も決まっていない」と明かしている。

パット・トーピーは2018年2月7日にパーキンソン病による合併症のために亡くなっている。享年64歳だった。

ビリー・シーンはブラジルの「ロカオス・ロック・ショウ」によるインタヴューに応じて、新たなドラマーを迎えてライヴ活動やレコーディングを行う可能性について次のように語っている。「実際、まだ何も決めていないんだ」とビリー・シーンは語っている。「僕とエリック(・マーティン/ヴォーカリスト)、ポール(・ギルバート/ギタリスト)は今も親友同士だけど、MR.BIGは一時的にストップさせておきたいと思ったんだ。パットはバンドにとってあまりに重要な存在だったからね」

「僕らはマット・スターという別のドラマーを迎えて、いくつかの公演もやったけどさ。彼は素晴らしいドラマーで、歌もうまいんだよ。だから、もう少しだけ待って、決定を下すことになるんじゃないかな。ただ、現時点では何も決まっていないんだ」

パット・トーピーの死に今も悲嘆に暮れているかという質問には次のように答えている。「そうだな、ものすごく嘆き悲しんでいるというわけではないけど、人生をもう少し落ち着かせたいと思っているよ。パットは音楽における親友であり、僕とパットはMR. BIGで最も近しい存在だったからね」

「僕にとっての大きな喪失であり、バンドやファン、もちろん家族にとっても大きな喪失だった。けど、僕らは彼の遺産を称えたいと思っているんだ。何かをするなら、素晴らしいことをしたいと思っている。それがどんなものになるかは分からないけど、外へ出て称えられるようなものにしたいと思っているよ。もし何かをするなら、素晴らしいものでなければいけないよね」

一方、シンガーのエリック・マーティンは昨年「フライデー・ナイト・ロックス」によるインタヴューに応じて、2019年にニュー・アルバムに取り掛かる可能性に言及しながらも、ツアーを終えた後はバンドを解散させることになるだろうとして次のように語っている。「ああ、最後の挑戦になるだろうね。それでおしまいだよ」とリック・マーティンは語っている。「パット・トーピーなしで続けるのは少しきまりが悪いからね」

MR.BIGの現時点での最新作は2017年7月にリリースされた『ディファイング・グラヴィティ』となっている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ