Jenn Five / NME

Photo: Jenn Five / NME

リック・アストリーは以前に実現したフー・ファイターズとのコラボレーションについてチャリティ・シングルとしてのリリースだったら「考えてみたい」と語っている。

リック・アストリーは2017年に出演したサマーソニックのフー・ファイターズのステージに登場して、ニルヴァーナの“Smells Like Teen Spirit”から自身のヒット曲“Never Gonna Give You Up”へとなだれ込むパフォーマンスを披露している。以来、フー・ファイターズとリック・アストリーは何度かコラボレーションを行っており、今夏のレディング・フェスティバルのステージや『NME』が今年8月に主催したイベント「クラブNME」などで共演が実現している。

『デイリー・スター』紙とのインタヴューの中で、リック・アストリーはスタジオで彼らと共作する可能性を排除するつもりはないとして次のように語っている。「リリースするのを考えてみたいね。いつかチャリティーのためにやってみてもいいかもしれないよね。既に3〜4回コラボしているけど、いつも偶然なんだ。あれは別世界での出来事なんだよ」

リック・アストリーはまた、自身のビールである「アストリーズ・アンバー・エール」の新作をレコーディング中のフー・ファイターズに送るつもりだとして次のように語っている。「デイヴ・グロールはビールが好きだからね」と彼は語り、ビール・メーカー「ミッケラー」とのコラボレーションとなる自身名義のビールに言及しながら次のように続けている。「彼らがレコーディングしているロサンゼルスのスタジオに、一箱送ってあげるつもりだよ」

リック・アストリーは以前、サマーソニックで実現したフー・ファイターズとのコラボレーションについて、なぜ彼らが自分を招いてくれたのかは分からないとして次のように語っている。「それまで連中には会ったことがなかったからね。なんで、ステージに招いてくれるのか分からなかったよ」と彼は語っている。「何がなんだか分からなかったんだけどさ。彼が囁いてきてね。『あなたの曲をやりますけど、“Smells Like Teen Spirit”風にやらせてください』って言ってきてね。それで、ああなったんだ。やってみようってね」

リック・アストリーは2017年にもフー・ファイターズとのコラボレーションの可能性に言及しており、次のように語っていた。「他の人と曲と書いてみるのをやる予定なんだ。というのも、そういことを経験してみたくてね」と彼は「BANGショウビズ」に語っている。フー・ファイターズとレコーディングを行うかと訊かれると、遠慮がちに次のように答えている。「そうだね。実現したら、おかしいよね。ああいうアーティストがそんなことをやるのは、勇気がいると思うよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ